BLOG

コーヒー抽出器具 HARIO SWITCH 販売開始のご案内

2021.08.31

このたびTRIBUTE COFFEEがおすすめするコーヒー抽出器具

「HARIO ハリオ ドリッパー SWITCH(スイッチ)」の販売を開始しましたのでご案内します。

 

当店ではペーパードリップでコーヒーを抽出してご提供していて、コーヒー豆をお買い上げのお客様にもおすすめの淹れ方として

ペーパードリップをご案内しています。

一方でハンドドリップが難しくて美味しく淹れられなかったり、味にムラが出るという声を頂いていました。

そこでお客様により充実したコーヒーライフをお楽しみいただくために、

簡単に美味しいコーヒーを抽出することができる器具「SWITCH」をご紹介します。

SWITCHはコーヒー粉を湯に浸してからドリップする「浸漬式(しんし)」ドリッパーで、ハンドドリップの技術は不要、

スイッチを押すとドリップされるのでどなたにも均一な抽出が可能です。

これからおうちコーヒーを始めようと思っている方、ハンドドリップにチャレンジしたけど難しいと感じている方におすすめします。

 

【製品のメリット】

・ハンドドリップの技術や経験が不要で、簡単に安定した美味しいコーヒーを淹れることができます。

・忙しい朝や仕事中、コーヒーを浸している待ち時間に他の作業ができ、ハンドドリップに比べて時短できます。

・コーヒーメーカーやフレンチプレスに比べて後始末が楽です。

・コーヒーメーカーに比べて省スペースです。

・ハンドドリップ(透過式)のドリッパーとしても兼用することができます。

・紅茶や日本茶を淹れることもできます。

美味しいコーヒーをおうちや職場で飲みたいけどハンドドリップは難しい、効率も重視したいという方にピッタリの商品です。

また飲食店様やショップ様、オフィスでの来客用のコーヒー提供にもおすすめです。

 

【製品の特徴】

<淹れ方>

ペーパーフィルターをセットしてコーヒー粉を入れ、お湯を一気に注ぎます。

しばらくしたら(23分)スイッチを押してドリップします。

最後まで抽出したら出来上がりです。スイッチは指を離しても抽出されます。

ベストな抽出のためには、豆ごとに粉の分量や挽き具合、湯量、待ち時間などを調整する必要があります。

当店で販売しているコーヒー豆はそれぞれSWITCH向けの推奨レシピを設定します。

粉の挽き具合については統一して「中挽き」を推奨します。

<味の特徴>

コーヒー粉をお湯に浸すことでコーヒー豆の味を余すことなく引き出します。またペーパーフィルターを通してドリップすることにより微粉や油分を取り除き、雑味のないクリアなコーヒーになります。

すっきりしていながらも風味がしっかり引き出されている、ペーパードリップに近い味わいに仕上げることができます。

<コーヒーの抽出方法「浸漬式」と「透過式」について>

コーヒーの抽出方法は「浸漬式(しんし・しんせき)」と「透過式(とうか)」に分類されます。

「浸漬式」はコーヒーを湯や水に漬け込むことによって、コーヒーの成分を溶け出させる抽出方法です。フレンチプレスやサイフォン、水出しなどが該当します。

「透過式」はコーヒー粉に湯を通過させることによってコーヒーの成分を抽出する方法です。ペーパードリップやサイフォンが該当します。

SWITCHはペーパードリップに形は似ていますが、「浸漬式」の抽出方法です。

 

【お買い上げいただいたお客様へのサポートについて】

当店でのお買い物に満足していただくために、お買い上げいただいたお客様から商品の使用方法についての質問や不明点をお受けします。オンラインストアのチャット、あるいは店頭でお気軽にお問合せください。

また前述の通り、ベストな抽出のために当店のコーヒー豆ごとに推奨レシピを設定してお伝えします。

 

【付属品や別途使用する備品について】

ペーパーフィルター40枚が付属品として同梱されています。

抽出したコーヒーを受けるサーバーは別売りです。サーバーを使用せずコーヒーカップに直接ドリップしてお使いいただくことも可能です。

またコーヒー粉やお湯の量を計るためにスケール(はかり)の使用をおすすめします。

 

【配送料について】

当商品の配送料はコーヒー豆商品とは別の設定でございます(地域別の料金が設定されています)。

 

【製品情報】

メーカー:HARIO 株式会社

カラー:ブラック

製品サイズ:幅130mm 奥行115mm 高さ215mm

容量:出来上がり量最大200ml

重量(個箱含む):約700g

材質:本体 耐熱ガラス ホルダー シリコーンゴム スイッチ PCT樹脂 ステンレス球 ステンレス鋼 

原産国:日本製

2019年度グッドデザイン賞受賞

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です