BLOG

コーヒーのご紹介:インドネシア ブルーリントン

2019.08.20

現在販売中のコーヒー豆「インドネシア ブルーリントン」についてご紹介します。

インドネシアは世界有数のコーヒー生産国です。有名な「マンデリン」は特定の生産地域を指す名称ではなく、スマトラ島北部で生産されるアラビカコーヒーの総称です。ブルーリントンは理想形のマンデリンを目指し良質なコーヒーエリアから集まった豆を、徹底的な品質管理で精製、管理しています。

力強さを保ちながらクリーンな味わいで、キレとコクの両方を楽しむことができるコーヒーです。

栽培エリア:リントン ニフタ地区 標高:1,200~1,400m

栽培品種:ティピカ他 精製方法:スマトラ式

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です