BLOG

コーヒー豆のご紹介:エチオピア クジ・シャキソ ナチュラル

2019.08.21

現在販売中のコーヒー豆「エチオピア クジ・シャキソ ナチュラル「」についてご紹介します。

コーヒー発祥の地、エチオピア。その主要産地であるシダモ地区で、イエルガチョフに次いでスペシャルティコーヒーの産地として有名なのがグジ シャキソ地区です。国内最高峰の標高2,000m、肥沃な火山灰土壌、豊富な雨量に恵まれた栽培環境が、素晴らしい産地特性を生みます。

契約農園の農園主はZERO DEFECT(欠点ゼロ)を掲げ、チェリー収穫後の生産処理の各工程で入念に選別を行い、限りなく欠点をゼロに仕上げた特別規格です。農園主の真摯に取り組む姿勢が、カップに表現されています。

ベリーのような風味とワインを思わせる芳醇さを持つ、個性豊かなコーヒーです。

栽培エリア:クジ シャキソ 標高:1,850m~2,200m

栽培品種:ウォリチョ、クルミ 精製方法:ナチュラル

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です